地域によって習慣が違う香典返し|マナー違反をなくそう

即日対応も可能

花

贈り物の定番であるフラワーギフトは、花の組み合わせだけでなく、ラッピングによっても雰囲気を変えることができます。専門の通販サイトでは条件が合えば、注文したその日のうちに配達してもらうこともできます。

もっと見る

男女で時期が違うので注意

熨斗

初節句には親族からお祝いをもらうことがあります。お祝いをもらったら、男の子は5月中に女の子は3月中に、内祝いを送るようにしましょう。子どもの名前を入れた食品類は、特に人気です。

もっと見る

雑貨を選ぶのもよい

ギフトボックス

プチギフトを利用すれば、気軽に感謝の気持ちを伝えることができます。定番は飴やクッキーといったお菓子類ですが、石鹸や入浴剤といった雑貨類も人気があります。甘いものが苦手な方には、このようなものがよいです。

もっと見る

マナーの確認から始める

風呂敷

故人を偲んで葬儀に参列してくれた方へ、感謝の気持ちとして贈るのが香典返しです。仏式であれば、四十九日が過ぎて忌が明けてから送るものというのが古くからの習慣ですが、最近は葬儀当日にお渡しすることも増えているようです。地域やその家族ならではの習慣がある可能性もありますので、こうしたマナーに関しては念のため親族に確認しておく方がよいでしょう。また、香典返しとは別に会葬御礼品を用意することが多く、こちらも忘れずに準備しておく必要があります。香典返しとしては、残ることのない食品が選ばれることが多いと言えるでしょう。お祝いの品のように華美な包装のものは避け、シンプルな包装を心がけるとよいです。のし紙は水引が黒白結び切りのものを使用するのが一般的ですが、地域によっては黄白の場合があります。西日本の一部地域や東北の一部地域が対象となることがあるようなので、確認してみるとよいでしょう。表書きは宗派によって異なりますので、こちらも併せて確認しておくのがおすすめです。香典返しを取り扱っている通販サイトの中には、地域や宗派に合わせたのし紙を準備しているところがあります。どの習慣にも合わせることができるように、柔軟な対応が可能な通販サイトを選んでおくとよいでしょう。また、最近では香典返しのマナーに関して無料で相談に乗ってくれる通販サイトなどもあります。まわりに質問できる人がいないという場合などに利用するのがおすすめで、のし紙の種類についての質問から一筆箋の文章を考えることまで協力してくれるのです。

Copyright © 2016 地域によって習慣が違う香典返し|マナー違反をなくそう All Rights Reserved.